CoQ10サプリを比較しました
メインイメージ

化粧品にはどれくらのコエンザイムQ10が含まれているの?

化粧品に含まれるコエンザイムQ10の配合率は0.03%とされていました。
皮膚科では1~3%が配合されていることから比べると、配合率はそれほど高いものではないですね。

コエンザイムQ10には抗酸化作用があり、を活性酸素から守って肌の衰えを遅らせてくれる効果があると言われています。

サプリメントなどで摂取することも効果的と言われていますが、化粧品などに配合し、肌に直接塗るとよりその効果を期待することができるとされています。
そのためには、コエンザイムQ10は高濃度で配合されている方が効果は高いですね。
そこでDHCでは医薬部外品としての許可を得て、コエンザイムQ10を0.3%という高濃度の配合率で作られた、Q10基礎化粧品シリーズが発売されています。

シリーズには、DHC薬用Qローション、DHC薬用Qフェースクリーム、DHC薬用Qフェースミルク、DHC薬用Qジェルがあります。
それぞれにコエンザイムQ10意外の美肌成分も配合され、肌への浸透力も考慮して作られた薬用化粧品です。
しっとりとした使用感で、保湿効果にも優れていると言われています。
コエンザイムQ10配合の化粧品は数多く出ていますが、できるだけコエンザイムQ10が高濃度で配合されているものを使うようにしたいですね。
人気のコエンザイムQ10サプリメントは、こちらhttp://www.wvared.com/でご覧になれます。

トップに戻る