CoQ10サプリを比較しました
メインイメージ

コエンザイムQ10とビタミンの違い

コエンザイムQ10はビタミン様物質と言われる成分です。
ビタミン様物質とは、ビタミンンの働きを似た働きをする成分のことでビタミンではありません。
ビタミンと違うのは、体内で生成することができるという点。

ビタミンは体内で生成することができません。
コエンザイムQ10は体内で合成される物質なので、必ずしも体外から摂取する必要がないものです。
ビタミンは微量で体内の代謝にとても大切な働きをしていますが、自分で作ることができません。

そこが、コエンザイムQ10と違う点です。
他にもカルニチンやリポ酸、ヘスペリジン、ルチンなどのビタミンP、キャベジン(ビタミンU)などもビタミン様物質と言われています。
コエンザイムQ10はビタミンQの一つということもあり、ビタミン類と間違われることもあります。

ビタミンQは酸化型のユビキノンのことで、体の中のあらゆる細胞に存在し、生きていくためのエネルギー合成を細胞から活性化する補酵素です。
エネルギーを作り出す働きと、抗酸化作用があります。
ビタミンQは加齢とともに減少していくもの、というのも特徴です。
ビタミンQには10種類ほどあると言われていますが、その中で健康に効果的な働きをするのがコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10のサプリメント選びに悩まれている方は、こちらhttp://www.dansrestaurant.com/で人気商品をランキング形式で紹介しているので、是非参考にしてください。

トップに戻る